マシーネンクリーガー ガチャ

マシーネンクリーガー ガチャ
IMG_9318.jpg


IMG_9319.jpg


IMG_9320.jpg


IMG_9322.jpg


IMG_9323_201704230936222cd.jpg

やっと発売されましたね。



とりあえず、一個500円なので買ってきました。
一発目でねらい目のSAFSをゲット!!

黒いカプセルに入っていて
中身がサークルランナー型のキットになっています。


サイズは、35分の1スケール。


ガチャガチャでプラモデルって、
技術の進歩を見てるようで凄いですよね。
好きなように塗って、一個小隊を造るのもおもしろそう。



詳細はこちらのサイトで見ることができます。

http://figsoku.net/blog-entry-51560.html

物がダブっても、逆にうれしいガチャってそうそうないですよね(笑)



スポンサーサイト

超合金魂 コンバトラーV

超合金魂 コンバトラーV

IMG_9305.jpg


IMG_9310.jpg


IMG_9312.jpg


IMG_9315.jpg


中古ですが、初期バージョンで
購入しやすい価格だったので買ってきました。


このシリーズ、
けっこ貴重なアイテムとなっていて
物によってはプレミアム価格で中古なのに何万円にもなってるんですよね。


発売当時、一度にいろいろ買うこともできずに
見送っていたら絶版になったってこと多々あります。


このコンバトラーVは、初期のバージョンの物で
色味が渋く、関節はあまり動かないものです。


その後リニューアル版が発売されて、
そちらは、青の部分が明るいブルーになって、
関節も良く動く完成された製品になっていました。


でも個人的にはあまり動かなくてもいいのと、
あの渋いダークブルーの塗装版が
何とも懐かしく、そして重厚感があるイメージだったので
初期版をずっと探しておりました。


欲しいと思っていると出会えるものですね、不思議です。
こうして早速、開封して変形させています(笑)


いい大人が超合金メカを変形させて組み立てて、
そしてまた分解して箱にしまう・・・・

これってハタから見たら変に映るかもしれませんが、


最近、「ハンドスピナー」って商品が人気になってるじゃないですか。

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%8A%E3%83%BC

金属の手裏剣のようなアイテムで
手の平や机で回転させて、ただただ眺めて
リラックスするような癒しアイテム。

なんか、それと感覚的にちょっと似てる部分があるなって思いました。



大人になってからの超合金は、
金属部品を触って、ひんやりとした感触を確かめながら
精密なパーツをパキパキと変形させて組み立てたり外したり。
しばらく眺めたら、また箱にきっちりしまって保管する。


それはルービックキューブのような上級パズルのようであり、
難易度高いの知恵の輪のようでもあり、
それを目的無くいじっていることで
何か癒されているのではないかなって思いました。







道具について・・・



IMG_9276.jpg


IMG_9277.jpg


IMG_9278.jpg


IMG_9280.jpg


IMG_9281_20170409085528a55.jpg

ネタ詰まり回避の意味で
今回は、ナイフ系の道具を紹介したいと思います。

基本、スカルピーでの造形ではスパチュラ以外はほとんど使いませんが
石粉粘土を使うときは、
部分的に削る作業を行うことがあります。



そのとき、「しならせながら削る」
「細かい部分を削る」「感覚で削る」等
削る目的が違ってくるのですが


「感覚で削る」ときに使っているのが
画像のクラフトナイフです。


何種類かあるうちの最上級モデル。
持ちやすさ、使いやすさはもちろんですが
適度な太さと疲れにくい形状。






基本は木製と金属パーツの組み合わせなのですが
このモデルは、握り部分に
「シカのツノ」が使われています。


木製により、汗を吸ってくれて
シカのツノが適度なグリップ効果と
高級感を味わせてくれます。


1品1品、職人の手作りなので
個体差があります。


木製ケースには、作者の名前が書かれていますね。
お値段も工作用ナイフ1本にしては、けっこうな価格です。



海外製のハンドメイド品で、
直接海外で、もしくは海外イベントでしか入手できないアイテムでした。
最近は、模型ショップで少数取り扱うようになって、
もしかしたら、このシリーズのどれかをお持ちの方も
いらっしゃるかもしれませんね!




「道具は良い物を使う。」
この考えは原型師になってから、ずっと思っていることですが、


安価でも、しっかりと役目を果たす
ホームセンター等で売っているようなカッターも使いますし、
良い物とは価格ではなく、 「良い物」 ということです。



特に、今回記事にしたクラフトナイフは
原型を形出ししているときに、手にしている時間が一番長い物なので、
使っていて手に馴染むもの、
そして使っていてうれしく感じる物ってとこも道具を選ぶ基準になってます。
















ウルトラマンパワード ブルーレイBOX

ウルトラマンパワード
ブルーレイBOXが発売されました。

powerd-box.jpg


IMG_9199.jpg


IMG_9200.jpg



やっと!!です。
10年近くこの発売を待ったのではないでしょうか。


諸般の事情で、
テレビ放送されてから
何年経ってもDVD化されていなかったんですよ。



ウルトラマンパワード

ハリウッドで作られたウルトラマンです。
青い目をしたウルトラマン。

今でいうリブートってやつですね。
初代ウルトラマンをリメイク。

ウルトラマンや怪獣は、成田デザインを踏襲しつつ
スタイリッシュにアレンジされております。

日本側から指示したデザインを
ハリウッドのケビン・ハドソンがかっこよく造形!


シーンにいたっては、屋外での自然光撮影。
つまりオープンセットなので、
太陽光が着ぐるみやミニチュアに当たって
本物のようなシチュエーションになってます。


全ての爆発シーンは、インディペンデンスデイ等で有名な
ミニチュアの火薬効果のプロフェッショナル、
ジョセフ(ジョン)・ビスコーシレが担当。

スローで撮影された爆発の炎や煙は本当にすばらしい。


製作 円谷プロダクション
監督 キング・ワイルダー

主演はケイン・コスギ
この後、カクレンジャーに出演します。

全体的に豪華すぎる方々が参加している作品です。



メイキング映像で観れますので多くは書きませんが
日本側からのデザイン担当として樋口氏、前田氏、三池氏が参加しており
当時の苦労話や制作秘話を語ってくれています。


完全なハリウッド製ではなく、日本との合作のような印象。
だからこそ「ウルトラマン」のコンセプトがズレずに
初代になじみのある我々にもしっくりきた作品になっているのだと思いました。



ウルトラマンと言えば当然、
「初代」が至高だと思いますし、

そういう意味でこのパワードを良く思わない声を
耳にすることもあるのですが


あの、特殊効果がブレイクしていた90年代、
初代ウルトラマンをハリウッド技術で作ったらどうなるのかな~って
我々の中2病的妄想を本当に具現化してくれたこと。


これはウルトラを語る上ではずせない、
歴史に残る作品だと思います。


着ぐるみとミニチュア、特殊火薬効果、
CGを使わずに、
まさにそこの存在しているからこそ映える
映像美と造形美だなって感じました。










キンケシプレミアム 新規造形 復活

IMG_9196.jpg


IMG_9197.jpg


IMG_9198.jpg


キンケシプレミアム 


あのキンケシがこの時代に蘇りました!
といっても復刻版ではなく
完全新規造形による新製品です。


今回は当時80年代にキンケシを担当されていた
原型師の息子さんが担当されているという一子相伝のアイテム。

新しいキン肉マンキャラとの組み合わせで
造形も懐かしくも新しいものになっていますね。


シリーズ化されるので、第1弾、第2弾をまずゲットしました。



« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
プロフィール

WOO-JOE

Author:WOO-JOE
「レノヴァティオ・ラボラトリー」

ホームページはこちら↓
http://renovatio.huuryuu.com/

ブラックホール
ブラックホール【2015年7月下旬発送予定】

ブラックホール【2015年7月下旬発送予定】
価格:8,424円(税込、送料別)

ペンタゴン
ペンタゴン【2015年7月下旬発送予定】

ペンタゴン【2015年7月下旬発送予定】
価格:8,424円(税込、送料別)

ベンキマン
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Archive RSS Login