GETWILD

IMG_9424.jpg


IMG_9426.jpg


GETWILD
SONGMAFIA


36曲ぜんぶゲットワイルドです。
アニメ「シティハンター」といったら
まずは、このエンディングソングです。


このCD、
1曲終わったら、またゲットワイルド
その次の曲もゲットワイルド、

「ゲワゲワゲワッ、ゲワイエンタフッ」って感じで
何時間もゲットワイルドが続きます。

CD4枚組です。時間にすると4時間20分・・・・


初期出荷で、
同じ曲が2つ入ってしまっているとかで
回収、交換とのことだったので
ようやく購入いたしました。


それでも、このCDが大丈夫かどうか
問題の部分まで聴いておりません。
(聴いても気づかなかったらどうしよう・・・)


まぁ、楽しんで聴いていこうと思います(笑)










スポンサーサイト

キャプテンスカーレットDVD

IMG_9433.jpg


IMG_9429.jpg


IMG_9432.jpg


何年も前に購入した
キャプテンスカーレットのDVDボックス、
再び、観なおしております。


サンダーバードの後に作られた作品で
技術的な進歩がみられます。


マリオネット人形も頭身バランスが
よりリアルになっていて
シリアスな内容とマッチしていますね。


全体的にサンダーバードよりも
大人向けの内容で、
キャラの服装はカラフルではあるのですが、
ストーリーや演出は「地味」という感じがして
このへんからジェリーアンダーソンの
「子供向け脱却」構想が始まったという氣がします。


後に作られる俳優を使った
実写ドラマ「謎の円盤UFO」へ
繋がる何かを感じとることができます。


特撮そのものは、
スタッフたちのミニチュア精度が
ここで極まったと思えるくらい
リアルな完成度です。




「アリス」 1988

51Q09X98ZRL.jpg


IMG_9332.jpg


IMG_9333_20170507090603cf6.jpg


IMG_9334.jpg


今日のネタは ちょっとレアな映像作品と言っていいDVDです。

ヤン・シュヴァンクマイエル監督
「アリス」

1988年にチェコスロバキアの監督シュヴァンクマイエルによって
3年がかりで製作された長編作品。


実写映像とコマ撮りの組み合わせなのですが
いろいろなキャラがユーモラスに、
あるいはグロテスクに動き回ります。(汗)

数ある「アリス」作品の中でも
かなり個性的で、
全体的にちょっとダークな感じ。

味付けをダークにしたってことではなくて
監督の心の闇やトラウマみたいなものを感じる・・・
そんな作品です。


昨今のCG技術を持ってしても
この「雰囲気」を超えることはできないと思われます。
コマ撮りだから出せる得体のしれない感覚っていうんでしょうか。


未見の方はぜひおススメです。





ウルトラマンパワード ブルーレイBOX

ウルトラマンパワード
ブルーレイBOXが発売されました。

powerd-box.jpg


IMG_9199.jpg


IMG_9200.jpg



やっと!!です。
10年近くこの発売を待ったのではないでしょうか。


諸般の事情で、
テレビ放送されてから
何年経ってもDVD化されていなかったんですよ。



ウルトラマンパワード

ハリウッドで作られたウルトラマンです。
青い目をしたウルトラマン。

今でいうリブートってやつですね。
初代ウルトラマンをリメイク。

ウルトラマンや怪獣は、成田デザインを踏襲しつつ
スタイリッシュにアレンジされております。

日本側から指示したデザインを
ハリウッドのケビン・ハドソンがかっこよく造形!


シーンにいたっては、屋外での自然光撮影。
つまりオープンセットなので、
太陽光が着ぐるみやミニチュアに当たって
本物のようなシチュエーションになってます。


全ての爆発シーンは、インディペンデンスデイ等で有名な
ミニチュアの火薬効果のプロフェッショナル、
ジョセフ(ジョン)・ビスコーシレが担当。

スローで撮影された爆発の炎や煙は本当にすばらしい。


製作 円谷プロダクション
監督 キング・ワイルダー

主演はケイン・コスギ
この後、カクレンジャーに出演します。

全体的に豪華すぎる方々が参加している作品です。



メイキング映像で観れますので多くは書きませんが
日本側からのデザイン担当として樋口氏、前田氏、三池氏が参加しており
当時の苦労話や制作秘話を語ってくれています。


完全なハリウッド製ではなく、日本との合作のような印象。
だからこそ「ウルトラマン」のコンセプトがズレずに
初代になじみのある我々にもしっくりきた作品になっているのだと思いました。



ウルトラマンと言えば当然、
「初代」が至高だと思いますし、

そういう意味でこのパワードを良く思わない声を
耳にすることもあるのですが


あの、特殊効果がブレイクしていた90年代、
初代ウルトラマンをハリウッド技術で作ったらどうなるのかな~って
我々の中2病的妄想を本当に具現化してくれたこと。


これはウルトラを語る上ではずせない、
歴史に残る作品だと思います。


着ぐるみとミニチュア、特殊火薬効果、
CGを使わずに、
まさにそこの存在しているからこそ映える
映像美と造形美だなって感じました。










「アキラ」 ブルーレイ 廉価版

アニメ映画「アキラ」ブルーレイ版
皆さんは、すでにお持ちだと思うので

いまさら感がぬぐえませんが・・・・

私と同じで、気になってたけど
未だに買ってなかったという人たちのために記事にいたします。


518_-bp6URL__SL550_.jpg

AKIRA


「今まで何百回と観てきた!」
といっても過言ではない作品。

DVDもバージョン違いがでれば集めてきました。



でも、ブルーレイはちょっとスルーしてました。
もう部屋には何種類ものアキラDVDがあるのに


ちょっと映像が綺麗になった程度のために
高額ソフトを買うのもな~と躊躇してたんです。


IMG_9096.jpg


そんな矢先、「アキラ」廉価版ブルーレイが
購入しやすい価格で売っていたので買ってきました。



「HDニューテレシネ」方式に画面を収録、
サウンドをドルビーTrueHDで再現。
最高スペックになっております。


いや~、ブルーレイ化なめてました。
DVDより、ちょっと画面が綺麗になって
ノイズがなくシャキッとなって、

音もま~、クリアになってるくらいだと思ってたんです。



それはまちがいでした。



まずオープニングの和太鼓の「音」のちがい!
「ドンッ」がちがうんですよ!!

そして、春木屋の金田のシーンに繋がって、
街中のバイクシーン。


背景の壁のらくがきや
路上の障害物、バイクのディテールからキャラの表情まで、


なんか、初めて見た作品のような
改めて作り直したものを観ているような・・・・


どのシーンもすごく新鮮で鮮明な画像。
聴きなれた芸能山城組のサウンドも
明らかにちがう「音」に調整されていて
一つ一つの「楽器」として聞き取れます。


実写映画のブルーレイだと
着ぐるみやロケの映っている情報が鮮明になるってのは
理解できていましたが


アニメだと、セル画の中にある情報はそのままなはず。
綺麗な映像になってもたかが知れてると思っていたのですが
それはまちがった認識だったようです。




情報量の多い「アキラ」ならば
なおさら、その感じ方が別物でした。



何度も何度も観たアニメ映画なので
疲れているときに観ると
途中で寝てしまうのではと思いましたが


最初のシーンからの、あまりの鮮明さと音の違いに
びっくりしてしまって
あとはグイグイとラストまで一気に観てしまいました。


これは、ちょっとDVDには戻れない
なにかしらの「快感」を覚えましたね。


まだブルーレイ版をお持ちでない方は
DVDから買い換えをおススメします。



ちなみに、スピーカーの条件が揃えば
ハイパーソニックエフェクトを体感できます。
http://www.yamashirogumi.gr.jp/akira/sankou/experience1.html


つまり、「アキラ」のブルーレイを観ながら
サウンドを身体で聴くためのものです。



















« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
プロフィール

WOO-JOE

Author:WOO-JOE
「レノヴァティオ・ラボラトリー」

ホームページはこちら↓
http://renovatio.huuryuu.com/

ブラックホール
ブラックホール【2015年7月下旬発送予定】

ブラックホール【2015年7月下旬発送予定】
価格:8,424円(税込、送料別)

ペンタゴン
ペンタゴン【2015年7月下旬発送予定】

ペンタゴン【2015年7月下旬発送予定】
価格:8,424円(税込、送料別)

ベンキマン
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Archive RSS Login