大脱出 アルティメット・エディション

IMG_9819.jpg


IMG_9820.jpg


IMG_9821.jpg



スティーブ・マックィーンの不朽の名作
「大脱出」のDVD2枚組アルティメットエディションです。


何回も観て、廉価版も持っていましたが
メイキング、インタビュー、ドキュメントと長時間の映像が
付いての2枚組だったので改めて買い直しました。


本編では、スティーブ・マックィーンが
フライトジャケットのA-2を着ているのですが、
これがまたいい感じにエイジングされている革ジャンなんですよ。


こういうディテールも、何度も視聴すると
楽しめてくる部分ですね。





スポンサーサイト

「銃夢」 ハリウッド実写映画化

IMG_9818.jpg


IMG_9817.jpg



原作・木城ゆきと 
「銃夢」が
ハリウッドで実写映画化され、公開となります。
(銃夢と書いてガンムと読みます)


いや~、キャメロン、作ってたんですね。

ターミネーター1,2、タイタニック、アバターの
ジェームス・キャメロン監督が、
今から十何年、いやそれよりも前から
日本のコミック「銃夢」をすごく気に入って
映画化したいってずっと言っていたんですよね。


そんなことが雑誌やインタビューで載ってて
本当に作ったら凄いけど、あの世界観を壊さずに作れるのかなって思ってました。


さらに時はどんどん過ぎて行って、
キャメロンの次回作がアバター3部作って言われるようになってからは
この話は頓挫したんだなって考えてました。


そんな去年の年末に、このニュースが入ってきてびっくり。
「アリタ・バトル・エンジェル」とタイトルこそちがえども
まぎれもなく「銃夢」です。



ジェームス・キャメロン製作
ロバート・ロドリゲス監督
「アリタ・バトル・エンジェル」
https://www.youtube.com/watch?v=DFA0LInWeGY

今年公開です。


あの日本の原作コミックのパッチリな目の表現を
そのニュアンスのまま実写化すると
こういう目になるんですね(笑)


でも、普通の目にしたらCGと実写でやる意味がないですし、
これはこれで新しい試みだと思います。


予告を観てる間に、
ヒロインに十分感情移入できるくらいです。


原作よりも
なんか切ない映画な仕上がりになってそう。
BGMのせいかな。


いまから公開が楽しみです。







スターシップトゥルーパーズ クロニクルズ DVDボックス

IMG_9809.jpg


IMG_9807.jpg


IMG_9806.jpg


スターシップトゥルーパーズ
クロニクルズ DVDボックス です。


外箱がすごくボロボロでして
中古ショップで激安で購入してきました。
これも前から欲しかったものです。


この作品の原点は
アメリカのSF作家「ロバート・A・ハインライン」の小説
1960年代出版の「スターシップトゥルーパーズ」で、


日本での発売は1970年代で「宇宙の戦士」というタイトルで発行されます。




そう、「スタジオぬえ」がその日本発売の小説「挿絵」を担当して
そこに描かれたスーツが「宇宙の戦士版・パワードスーツ」

51CbkbkMHfL.jpg

その宇宙服をメカニカルにしたような
デザイン画がとてもかっこよく、
のちのガンダム(モビルスーツ)や
多くの日本アニメ(メガゾーン23、ドルバック、モスピーダ、アップルシード等)、
マシーネンクリーガーのようなオリジナル強化服のアイデアに繋がっていきます。




一方、ロバート・A・ハインラインの母国アメリカでは、
1997年に、ロボコップの監督
ポール・バーホベンによって実写映画化されます。


あのモデルアニメーターのフィルティペットによる
CG再現の巨大昆虫軍団は圧巻の一言。
今の目で見てもすばらしいです。


001-starship-troopers-theredlist.jpg


そして、パワードスーツはというと・・・・でてきません!
えっ!?ってなりますよね。


バーホーベン監督はパワードスーツの見せ場を創るより、
昆虫軍団によって兵士たちの部位がもげていく様にこだわりたかったらしく・・・
(その悲惨さを描きたかったとインタビューに応えてはいるものの、
映像を見る限り、ブラックジョーク的演出により、なぜか笑うしかない感じになってます)


そんな演出により、パワードスーツはおろか、
ろくな武装もしないまま(半袖ですよ、)
兵士たちは戦場に送り込まれバンバン死んでいく映画になってました。


ひとつの映画として楽しめます。なんだかんだで好きな映画ではあります。
が、やはりパワードスーツが見たかったというのが正直な気持ちでしたね。


予告
https://www.youtube.com/watch?v=EFZ2zO8Nk7g

予告2
https://www.youtube.com/watch?v=Xs7i-v1t-6w



関連トイを発売するために契約したフィギュアメーカーは、
この映画の公開前に契約していたでしょうから、
あの有名なロバートAハインラインの小説の実写化だと
フィギュアの開発も、さぞ張り切っていたことでしょう。


ところが、パワードスーツは出てこない。
おまけに兵士の死に方がR指定を受けて
子供が劇場で見れない映画になり、
子供向けに作ったオモチャは、まったく売れず大量の在庫になったと
語り草になっています。



それを受けてってことかもしれませんが
その2年後の1999年に、
子供向けにマイルドにしたTVシリーズの
CGアニメ作品「スターシップトゥルーパーズ」が製作されるのでした。
はい、今回紹介のDVDボックスの映像作品です。



基本は西洋甲冑のような軍服ですね。
TPSゲームに出てくる軽装スーツ。
小説のくだりにもあった「ゴリラのような・・・」の
強化服がでてきますが大気圏落下時用!?

中型ロボット「マローダー」が出てきます。
ちょっとザブングル的世界観、もしくはボトムズチックなのが微笑ましい。


CG映像は1999年なのでその時代でのリアル加減ではありますが
小説の雰囲気をちゃんと表現しているほうだと思います。
当然、ブラックジョークやグロ要素は皆無ですが。

rn4lrg.jpg

クロニクルズ 予告

https://www.youtube.com/watch?v=pcfpzfPdx-U

https://www.youtube.com/watch?v=2htCjV9FeHA



日本では、
アニメ「機甲創世記モスピーダ」に関わった
荒牧伸志氏が
2012年にハイクオリティーのフルCG映画
「スターシップトゥルーパーズ・インベイジョン」を監督します。

fc2blog_20171224095000f70.jpg

「スターシップトゥルーパーズ・インベイジョン」 予告
https://www.youtube.com/watch?v=patlBrPx2L8

ほとんどのスタッフが日本人です。




20170914-sstmars.jpg

そして、来年
新作「スターシップトゥルーパーズ・レッドプラネット」が公開されます。
インベイジョンの続編ですね。

「スターシップ・トゥルーパーズ・レッドプラネット」 予告
https://www.youtube.com/watch?v=lyu-zl97QQU



これ、ほんと楽しみです!!
最新技術でどのように進化したか
気になりますね。













APPLESEED XIII  ブルーレイ


IMG_9791.jpg


IMG_9792.jpg


IMG_9793.jpg


アップルシード XIII のブルーレイです。
2011年に作られた映像です。


中古ですごく安く売っていたので
購入してきました。


キャラクターは
2Dと3Dの中間的表現のようです。


すさまじい映像の
エクスマキナやアップルシードαを
すでに見ているので、
ちょっと絵柄が可愛い感じがします。


全部で13話なのですが、
このブルーレイは1巻で、3話のみ入っています。
集めるとなったら結構大変かも・・・


予告編
https://www.youtube.com/watch?v=08wtBzEzouY



この作品、いたるところで残念な評価がされてたので
どんな内容か逆にずっと気になっていました。


なんでも、1話ごとにちがう会社に作らせて
競争心を煽って良いものにしようという試みだったとか。
それで絵柄の統一感がないとか言われています。

むしろ、それも含めて楽しめるかもしれません。




パプリカDVD

IMG_9744.jpg


IMG_9745.jpg



「パプリカ」のDVDです。

監督が今敏、
原作が筒井康隆、制作がマッドハウスですね。


アニメ映画史上、
10選の中に選ばれるであろう
傑作アニメであり、


アニメの歴史に名を刻む
伝説的な作品とも言われています。


ストーリーは、医療研究所が開発した
「他人の夢を共有できるテクノロジー」が盗まれるとこからはじまり、
研究員たちに次々に何者かに支配されたような奇怪な夢を見る者が現れ


その謎の解明に立ち向かうのが
美人セラピストの「千葉敦子」。


そのヒロインが夢の中では「夢探偵パプリカ」となって
クライアントの夢へと入り込む。
しかし、そこには恐ろしい罠が待ち受けていた。
というような内容。


そうです、あのハリウッド映画「インセプション」。
このアニメを参考にしたと言われていますね。


このパプリカは、ストーリーも良いのですが
何と言っても、アニメのキャラや物が動く描写が
限界を超えるくらい気持ちよく、時には気持ち悪いくらい
ヌルヌルと動くんです。


通常のアニメの動画って割と
ストーリーを追って観てることが多いのですが、


この作品は、
見ていながら、
凄くよく動いているな~って、
描写1つ1つにおもわず感嘆してしまう、
そんな映画でもあるんです。


「絵」が動くってことの
不思議なことであり、すばらしい手法を
改めて再認識させてくれるそんな映画です。


個人的に、
定期的に観かえす作品ですね。


パプリカ 予告編
https://www.youtube.com/watch?v=yn7U1KIGeuQ












« »

02 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
FC2カウンター
プロフィール

WOO-JOE

Author:WOO-JOE
「レノヴァティオ・ラボラトリー」

ホームページはこちら↓
http://renovatio.huuryuu.com/

ブラックホール
ブラックホール【2015年7月下旬発送予定】

ブラックホール【2015年7月下旬発送予定】
価格:8,424円(税込、送料別)

ペンタゴン
ペンタゴン【2015年7月下旬発送予定】

ペンタゴン【2015年7月下旬発送予定】
価格:8,424円(税込、送料別)

ベンキマン
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Archive RSS Login