昭和ガメラ 腹ばいポーズ

g1_2017071607232861b.jpg


g2_201707160723284f6.jpg


g3_201707160723273b5.jpg


g4_201707160723263a8.jpg


g5_20170716072325950.jpg


g6_20170716072325e01.jpg




こちらも中古ショップで発見!
安く入手できました。


CCPさんとこの
「昭和ガメラ モノクロ版 」です。


他のメーカーさんではあまり見かけない「腹ばいポーズ」
全体的に、リアルな造形ですね。
背中のウロコもかなり良い再現度です。


モノクロカラーもいい雰囲気で
顔つきもカッコイイです。





スポンサーサイト

買ってから気づいた ガメラの〇○

IMG_9474.jpg


IMG_9472.jpg


IMG_9471.jpg


IMG_9473.jpg


IMG_9475.jpg


中古ショップにいくときは、
やみくもに何個も欲しいものを購入せず、
1つだけコレっていうものを見つけたら、
それを買って行こうかなって。


これがマイルールみたいになってます。
リサイクルということで定価よりはどれも安いものだから、
その気になれば大人買いをしてしまいそうになりますが
1つだけ定価より激安で買えた!っていうお得感と
その時のアイテムとの縁、運を楽しんで帰ります(笑)



そんなわけで、先日も1つだけ「おっ!!」ってアイテムが
安く売っておりました。



エクスプラスさんとこのガメラ3版のソフビが
4000円くらいで。



定価よりはちょっと安いのかな。
でも今なかなか売っていないアイテムだし、
少し塗膜のハゲはあるけどいいかなって感じで
購入してきました。



ある程度、この手のアイテムの塗装バリエーションは
把握しているつもりでしたが、
店頭の照明具合と時間との関係で
わりと即決してきてしまったんです。



帰ってきてまじまじと見てみて・・・・
ん~、なんかちがう。




こんな製品出てたかな、このカラーリングだっけかな?
ネットで調べても、同じものがでてきません。





よくよく観察してみると
まずは、単純に甲羅の色味がエクスプラスさんらしくない。
こういう塗り方するかな~って。
単色塗りであり、ボディーよりも真っ黒。


メーカーさんの塗装って、
製品の立体感や形状を見せ場として考えますから
この一番メインの甲羅を単色で塗って
ボディーのみをグラデかけるなんてことはあまりしないと思ったんです。

この甲羅の黒が凄く違和感、満載で・・・・。

でも、コレが仕様なのかもしれない。
プロップのガメラはこんな色味なんじゃないかと。
それを再現したものならそういう仕様なのだと。
それなら納得です。


ん~、それでも
改めて、観察してみますと、


甲羅の黒い部分が黒紫といいますか、
幼いころ自分もやったことがあります。というか、



ようやくわかりました(泣)
マジックの黒で全部、甲羅を塗りつぶしてありました。

これは、前の所有者の方が
おそらく製品の緑気味の塗装が気に入らなくて
ラッカーとかエアブラシではなく、
「黒のマジック」でキュッキュッと
フリーハンドで全部塗ったもののようです。




足の裏まで、なぜかマジックで塗ってあります。(苦笑)
あああ・・・残念です。
写真ではわかりづらいですが、手描きのムラで気づきました。



なら自分で再度、塗り直してみては!?
とお思いになられる方もいらっしゃると思いますが、


私のコレクションのルールとしましては、
ソフビはその発売されたときのバリエーションを
工場出荷から、素材、塗装も含めてそのまま保存所有することが
一番大事なことと思って集めておりまして、


塗り替えられたものは、自分できれいに塗り直しても
ぜんぜんうれしくないのであります。


やはり、骨董品とかと同じで
絵皿に誰かが後で書き足したものは、
本来の良さや価値、意味が変わってしまうものですよね。


ソフビもおなじで、
工場で何色の素材に何色の塗料を着色して
それを何年に発売したものなのか、
そういった歴史的な意味合いも鑑賞したいのであります。



仕事柄、自分で製品ソフビの塗装サンプルを塗ることもありますので、
自分で塗り直すと、自分の作品になってしまいます。
(ソフビキットとかなら、また意味は違いますが)


他社さんの製品の場合は、
そのものを手に取って分析したり鑑賞して
そのままのコンディションを保って保存したいんだと思います。
自分は、製品をそのまま集めたいんですね





ホントは、もっと愚痴るような簡単な記事にするつもりでしたが
今回もいろいろ語りスイッチが入ってしまって・・・



単純に「マジックで塗られたガメラ買ってしもうた~っ」て
記事にしたかったのですが(苦笑)
みなさんも中古品を買われるときは良く見てから買いましょう。
なんだか3行で終わる話でしたね(笑)



前の持ち主の方が、
黒のマジック1本で、この甲羅を根気よく塗ったことに
敬意を表して、これはこのまま所有しようと思います。


いつか、ちゃんとしたコンディションの
このガメラソフビが自分のとこにくることを願って。














アストロミュー5 復刻版

IMG_8760.jpg

アストロミュー5

アストロミュー5とは、
1970年代に、中島製作所から発売された
ソフトビニール人形のことです。


透明のカラーソフビのボディーに
アーマーを着せて遊ぶ人形です。


そうです、どこから見ても
タ●ラの影響・・・(ゴホンゴホン)


いえね、当時そういった真似っこした商品っていっぱいあって
透明ボディにメタリックメッキパーツならぬ、
透明ボディ―にモール素材!


いろんな部分が
ゆるい造形になってて可愛いんですよ。




変身サ●ボーグのほうは、
カチッとした素体と7頭身バランスに対し、
こちらは、5頭身くらいの幼児体型。


キューピーのようなお腹と背中にはボタンがあって
「うなずき」、「いやいや」、とういう可動ギミック搭載だったのです。


あちらを買ってもらえなかった少年は、
こちらのアストロミュー5を買ってもらったのではないでしょうか。

いろんな意味で、「伝説」のアイテム。


アストロミュー5は時代が経つとともに、
再評価されていって、
当時物商品は高額なプレミアムがついてます。


美品で全種集めようと思ったら、
お金と運がなければ不可能だなって思っていました。


IMG_8761.jpg


IMG_8769.jpg


IMG_8773.jpg


IMG_8767.jpg


それから何年も経っていたのですが、
メディコムトイさんから、まさかの復刻!!


3Dスキャン等、現代のデジタル技術を用いて
きっちり復刻されたのです。


可動ギミックやマスク・コスチュームの脱着、
背中の滑車パーツも付いてます。


永久保存版的アイテムですね。
当時物を集めることが大変な時代に
それでも欲しかった人にはたまりません。


こんなサイズだったのかとか、こういうボリュームで
こんな形状だったのかとか、いろいろ勉強になります。


現代の職人さんによって、
透明素材でのヌキもきれいに行われて、
ペイントもしっかりしています。


経年劣化していない新品が手元にある不思議。
いずれは、開封して並べたいと思っています。
なにせ全種類、購入したのですから・・・・・(~_~;)


IMG_8765.jpg






マーミット製 ゴジラ ソフビ

IMG_8134.jpg


IMG_8135.jpg


IMG_8136.jpg


IMG_8140.jpg


IMG_8139.jpg


IMG_8137.jpg


IMG_8141.jpg




今回のワンフェス購入のアイテムは
マーミットさんとこの
「ゴジラ」 ソフビ

別のイベント限定カラーだったものの在庫品
こちらを購入してきました。


ちょっと、スタンダードより小さめですがミドルともいえない。
ブースでは、よく確認できなかったのですが
いままで持っていない「顔つき」だったので
珍しいなと思い買ってきました。


いつのバージョンのゴジラかは
ゴジラマニアならば絶対に確認しなければいけない部分なのですが
「何ゴジラ」なのか店員さんもわからず
「決戦ゴジラかな!?」とのこと。

ん~、でも決戦ゴジラでもないような・・・・


これ、モスゴジなのかな。
きっとモスゴジなんだと思うんですが、
なんかモスゴジっぽくない(苦笑)
手つきとか違う感じがするんです。


個人的に、
なんか逆襲ゴジとキンゴジの間の
幻の企画に終わった、「ジャイガンティス」っぽいなって。
思い込みなんだろうけど、
すごくジャイガンティスっぽい顔つきだなって(笑)


色味も気に入ってます!





ちなみに「ジャイガンティス」とは・・・
「ゴジラの逆襲」に新規に映像を追加して
企画されていた
アメリカとの合作ゴジラ作品。

着ぐるみまで制作していたんです。
それが「お流れ」になって。


そのジャイガンティスのルックスが
「逆襲ゴジ」と次作になる「キンゴジ」の中間的な造形。


着ぐるみの歴史の話になりますが
つまり、細身で耳のある「逆襲ゴジ」から
いきなり耳が指が省略され太っちょになった「キンゴジ」のルックスの変化に、
無理があるって昔から議論されてきていたんです。


この頃は基本的に着ぐるみ造形は前作のゴジラを参考に作るものだと。
それが全然別物のゴジラ(キンゴジ)になっているから
ずっとその理由が謎だったんですよね。


そうしたら、
あとで「まぼろしの海外ゴジラ企画「ジャイガンティス」の資料が出てきて。


マニアの間で話題にあり、
その貴重なジャイガンティスの着ぐるみが
逆襲ゴジとキンゴジの中間みたいな造形。

まさに、ミッシングリンク的な形状だったわけです。
ゴジラDNAの繋がりと変化をみることができたのです。


1枚の写真しか現存しないようですが
ゴジラの資料ムック本等で確認できます。





フェイクスペクトルマン

IMG_7891.jpg


IMG_7890.jpg


IMG_7892.jpg


spectol01_ad78_01.jpg


こちらが本物の「スペクトルマン」最近の復刻版ソフビ





メディコムトイさん×オーサムトイさん
「フェイクスペクトルマン」ソフビです。



スペクトルマンが大好きすぎると
ニセモノまで欲しくなる!!って法則です。



しかも、このソフビの凄いとこは、
むかし出ていたパチ物のスペクトルマン関連の製品を
現代の技術で「ピープロ公認」でソフビ化しているってとこが
またすごいな~て。


ですので、いままで6種類か7種類でておりますが
きっちり揃えて集めております。
いつかそろい踏みした画像を撮りたいです。



もともとスペクトルマンは
よく他のウルトラシリーズと、良い子のお父さんお母さんに
誤認されてきたキャラの一つでして



スーツアクターがウルトラセブンと同じ人だったり、
パイロット版がこれまた、セブンによく似ていたり・・・・


いろいろと誤解要素いっぱいのキャラなんです(笑)



ならばこそ、フェイクってジャンルに
ぴったりハマるキャラでもあるなとあらためて感じました。



劇中では「上司」なるキャラが、
これまた微妙なデザインアレンジで登場していて、
2種類も確認できます。
少なくても、本編では3種類いるってことですね、
スペクトルマンって。



ややこしいことに主役のスペクトルマンですら、
着ぐるみマスクが、若干の違いで3タイプが存在する始末。



スペクトルマンファンじゃない
一般の人に説明するのが大変です。







そんなわけで、フェイクスペクトルマンですが、


こういうバリエーションもいたのかもしれない!!的錯覚で
もうね、感覚が麻痺してOKに思えてくる。



銀色だろうと水色だろうと関係ない、
むしろちょっとオシャレにすら見えてきます。





むかし持っていた
本物のスペクトルマンソフビですら、
なぜか手足と胴体の色が赤いやつでした。
本物なのにちがう色なんだから違和感がある。


なのでスペクトルマンソフビに
対する違和感は、今に始まったことではないのです。




スペクトルマンソフビには違和感がつきもの。
いや、違和感こそがスペクトルマンソフビの醍醐味なのかもしれません。




自分でも何を言ってるのかわからなくなってきましたが
つまり、スペクトルマンに「フェイク」が良く似合うんです!

ニセテイストがハマるキャラだなって。



これがウルトラマンとかだと違和感だけなんです。
スペクトルマンは、違和感を飛び越えて
ちがう部分がなぜか「味わい」に変わるのです。



そして、
他にもバリエーションがあるかもしれないと思わせる。
しかもちょっと、ダサいデザインで・・・。





フェイクを通して
本物のスペクトルマンの魅力を再確認。


このデザインで放送していたら?を想像して
ひとりニヤニヤする。
これがフェイクスペクトルマンの楽しみ方なのです。










« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
プロフィール

WOO-JOE

Author:WOO-JOE
「レノヴァティオ・ラボラトリー」

ホームページはこちら↓
http://renovatio.huuryuu.com/

ブラックホール
ブラックホール【2015年7月下旬発送予定】

ブラックホール【2015年7月下旬発送予定】
価格:8,424円(税込、送料別)

ペンタゴン
ペンタゴン【2015年7月下旬発送予定】

ペンタゴン【2015年7月下旬発送予定】
価格:8,424円(税込、送料別)

ベンキマン
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Archive RSS Login