JOYTOY TIEKUI

q2_201805260906077ec.jpg


q3_201805260906062ef.jpg


q5_20180526090606121.jpg


q6_2018052609060574e.jpg


q7_2018052609060589d.jpg


q8.jpg


q9.jpg

q10.jpg


ディスカウントショップで、全部中国語のバイクのトイを発見。
何なのかわからなかったので
スルーしようと思いましたが、
価格が1000円でしたので、結局購入してきました。


帰宅してして調べて見ますと、
JOYTOY TIEKUI  という商品でして
どうやら中国のメーカーの
オリジナル展開のメカシリーズのようです。


いわゆるパワードスーツが主役機で
タンクメカやバイク、中の兵士等
いろいろ展開されていますね。


パワードスーツ的なメカは、
スターシップトルーパーズ3に出てきた「マローダー」を
もっと小さくしてミリタリー色を強くしたモノに感じました。


今回のバイクは、その兵士たちが乗るバイクです。
兵士は付いてきませんでした(泣)


デザインはけっこう、いいかんじですよね。
好みのほうです。


製品自体は、ちょっとプラモデルの完成品って仕上がりで
塗装もプラモデルを汚したような完成度です。


無理すると簡単に軸が壊れそうで怖いですが
3種類に、付け替え変形できたりと
遊びは広がるようなコンセプトではあります。


サイズがミクロマンに近く思えたので
ミクロマンを乗せてみました。
大きさがピッタリですね。


昔、バンダイさんからスパイラルゾーンという
シリーズが発売されていましたが
コンセプトや空気感、匂いは
あの感覚に近いんじゃないでしょうか。
スパイラルゾーン、大好きでした。





129266423.jpg

このTIEKUIのパワードスーツが気になってます。






スポンサーサイト

Aウィングファイター  ケナー製

IMG_0335.jpg


IMG_0336.jpg


IMG_0337.jpg


IMG_0338.jpg


IMG_0339.jpg


「スターウォーズ 最後のジェダイ」・・・・・
いろんな意味で最後のジェダイでした。

エピソードは後戻りできないですが
自分の想い出は、こうして関連グッズでいつでも
あの頃の気持ちに戻れます(笑)


ケナー製のAウィングファイター
ジェダイの帰還のものではなく
EP1~3公開当時に発売された復刻版。


製品には「ウェザリング塗装」が施されています。
金型は、ジェダイの帰還の時のままなのですが
シールではなく、塗装で配色がなされており、
汚しも相まって、角度によっては
本物のプロップ並みのプロポーションとクオリティに見えます。




個人的にAウィングファイター好きなんですよ。
あと、スノースピーダーとか
大型戦闘機ではなく、小型戦闘機みたいなのが
子供の頃から好きだった感じですね。


これって、大きい戦闘機やロボットを買ってくると、
親に怒られた、もしくは大きくて高い値段のは買ってダメ!って
幼少の頃の経験がそうさせているのかもしれません(苦笑)



むか~しの日本の職人が、競って「何段飾り」とかいって
豪華で大きな雛人形を作っていたら
幕府に贅沢はダメって禁止令が出て、
大きい雛段をやめて、小さい雛段を作るようになり、
大名たちに見つからないように
どんどん小さくなって。

手の平サイズや小型のミニチュアみたいなのを
職人が競って作っていた時代があって、



自分もそういう抑圧みたいなのが
でっかすぎるメカより、
小さい設定のメカやキャラクターに
気持ちが行くのかなって思いました。



こういう感覚って皆さんありますでしょうか。










INFOBAR& トランスフォーマー・コラボ企画


IMG_9810.jpg


2000年くらいに日本の携帯電話の進化の過程で
「デザインケータイ」という一ジャンルが注目されはじめて、
AUから2003年に
「INFOBAR 」というなんともオシャレな
ケータイ端末機が発売されるのでした。


プロダクションデザイナーの深澤直人氏がデザインした
ちょっと60年代テイストな色彩センスのケータイ。


中でも 「NISHIKIGOI」  (錦鯉) と呼ばれる
赤い端末は大ヒット商品となりました。


INFOBAR 歴史紹介サイト
https://time-space.kddi.com/feature/news-sp/20170227/


現在、そのデザインフォーマットは
今のスマートフォンにも継承されており、
歴代の機種の流れをみると興味深いものがあります。
時代を超えて、皆に愛されているデザインなのでしょう。



IMG_9812.jpg


IMG_9813.jpg


ここから本題なのですが
そのAUのINFOBARとトランスフォーマーがコレボレーション!!
クラウドファンディングで製品化という話が昨年の10月にでてきて・・・・
そして、なんと無事に発売、完売となりました。


予想以上の大ヒットだったらしく、
12月には、廉価版的なバージョンを
これまた限定で発売することになりました。


02_400x300.jpg

私が購入したのはこのタイプです。
パッケージも初期のINFOBARを完全復刻。


そして、この製品の肝である、
トランスフォーマーとしての変形は
まさにタカラトミーの超精密変形構造!
ちゃんとオプティマスプライムになります。



電話にこそ、なりませんが
触って、いじって、変形させて、
元に戻して、箱を眺める。


すごく大人向け、とてもマニア向け、
そんなトランスフォーマーです。


タカラトミー プロジェクトサイト
https://time-space.kddi.com/au-transformers/index.html










超合金魂 ザンボット3

a0.jpg


a1_20171210074033e9b.jpg


a2_2017121007403387c.jpg


a3_201712100740329e4.jpg


a4_201712100740323f0.jpg



超合金魂 ザンボット3です。
ディスカウントショップで
それほど安くはなかったのですが
前から欲しかったものが美品で売っていたので
ゲットしてきました。


発売当時、矢継ぎ早に買うことができなかったモノを
こうして中古ではありますが
集めております。


一足早い、
自分へのクリスマスプレゼントですね。


いくつになっても超合金!




UFO戦士 ダイアポロン エヴォリューショントイ

IMG_9780.jpg


IMG_9781.jpg


IMG_9782.jpg


IMG_9783.jpg


IMG_9784.jpg


エヴォリューショントイさんから発売の
UFO戦士ダイアポロン
が届きました。


製品の告知、そして仕様の変更、
再度の製品案内があり、
さらに予定から発売がずれたりして、
メーカーさん、さぞ大変だったろうと思います。


それでも、待った甲斐がありました。
合金トイという肩書はないのですが、
まちがいなくダイキャストとABSによる
ずっしりと重い合金トイになっています。


合体に関係する重要な関節には、
マグネットが使われていて、
なかなかな高級感と安定感になっています。


全体のスタイルも
過度なアレンジを行わず、
過去のアニメ作品をクリーンナップした感じで
塗装も含めて美しい製品になっていますね。


銀色の部分が、
通常このような合金トイだと
金属の部分とプラの部分の銀色表現がちがくなるのは
昔からしょうがないことでしたが、


こちらの製品は
素材を統一していることで、
銀色部分の均一感がなされていて
落ち着いた表現になっています。


ほんとカッコイイ、ダイアポロン製品です。


このアニメ作品を、まさかの
現代の技術で新発売されるなんて
すばらしいことですね。

もちろん、大人しか買わないんでしょうけど(笑)




« »

06 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
プロフィール

WOO-JOE

Author:WOO-JOE
「レノヴァティオ・ラボラトリー」

ホームページはこちら↓
http://renovatio.huuryuu.com/

ブラックホール
ブラックホール【2015年7月下旬発送予定】

ブラックホール【2015年7月下旬発送予定】
価格:8,424円(税込、送料別)

ペンタゴン
ペンタゴン【2015年7月下旬発送予定】

ペンタゴン【2015年7月下旬発送予定】
価格:8,424円(税込、送料別)

ベンキマン
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Archive RSS Login