FC2ブログ

SHモンスターアーツ メカゴジラ1974

IMG_0802.jpg


IMG_0791.jpg


IMG_0793.jpg


IMG_0794.jpg


IMG_0795.jpg


IMG_0804.jpg

SHモンスターアーツシリーズ
メカゴジラ1974


ウェブ限定品だったので
一応、予約しないと入手できないアイテムです。


メカゴジラの中でも
昭和メカゴジラ1974が一番好きなので
コレの発売を確認した時にすぐポチりました。


この昭和メカゴジラのデザインは
本当にすばらしいと思います。


ゴジラが正義の味方になったので、
悪役ゴジラを・・・
ゴジラをメカニックにして戦わせようという発想。


そこでメカゴジラをデザインするときに、
ブリキのゴジラをハンマーで叩いて
面取りしていって、どういう形状にするか模索した
という逸話があります。


形状は、きちんとゴジラをトレースしつつも
頭部に角をつけて印象的に。
尻尾や背ビレの簡略化は戦闘機のソレであり
飛行可能への説得力にもなっています。


全体的にエッジが効いた形状で、
どの部分も子供から見たら暴力的な記号で覆われています。
トゲ、角、指に至るまで全身武器で、
リベットやジャバラも説得力のあるものになっています。


特に秀逸なのは顔ですよね。
般若を参考にしたと思われる形状は
どこからみても悪役の顔。


ただ怖いわけではなく、
カッコよく、端正な面構えになっています。
そしてきちんとゴジラの面影も残している。


特に頬骨から後頭部に向かってのラインがカッコいい。
コレがあるとないとでは大違い。
般若をそのまま参考にしたなら「たれ目」になるとこを
このパーツで「つり目」になるようバランスを取っています。


当時の子供が見たらゾクゾクするするようなデザインを
的確に形にしていったこのメカゴジラは


今の目で見ても色あせない、
むしろ誰も超えられないデザインだと思います。


SHモンスターアーツは
的確にそのメカゴジラ1974年版を再現しています。
デザインだけでなく、当時の着ぐるみとして、
モデルアップしております。


こういうのが、大人向けに発売されるなんて
いい時代になりました。
















スポンサーサイト

エクスプラス製 フランケンシュタイン

f1.jpg


f2.jpg


f3.jpg


f4.jpg


f5.jpg


f6.jpg


f7.jpg


f8.jpg


エクスプラスさんの新作、
「フランケンシュタイン対バラゴン」
フランケンシュタインです。


一部の怪獣マニアにはとても愛されているキャラクターです。
いくつかのメーカーから
ガレージキット化されて来てはいるんですけど、


きっちりと正規商品で彩色されて
凄くリアルな造形の完成品は、
これが初めてではないでしょうか。


そしてこのソフビのさらに凄いとこは、
目玉も向きを変えられる精密使用となっております。


顔の前面部分を取り外して、
目玉の向きをグリグリ変えることができます。


造型は、有名なスチール写真の再現ですね。
ソフビのヒケを考慮しながら作るのは、
さぞ大変だったことと思います。


素材が縮んだ時に、プロポーションが
ちょうどいい塩梅になっていて
さすがだなと思いました。


塗装も、昔では考えられないくらいの
丁寧な仕上げになっていてすばらしいです。


ちょっと前に、
サンダ対ガイラのソフビも発売されていて
そちらもゲットしておりましたので、
いつかアップしたいと思います。



f9.jpg

ちなみに、ウチには同スケールのバラゴンがいないので
ちょっと邪道ですが、バラゴン着ぐるみ改造のパゴスと2ショット。
違和感がないですね(笑)


f10.jpg

こちらはウルトラマンBタイプとの2ショット。
「フランケンシュタイン対バラゴン」の映画は、
TV番組「ウルトラマン」への実験作品だったと言われています。
怪獣と人間型との戦いがスクリーンにどう映るか的な。


なのでこの2体は個人的に並べてみたかった(笑)





ウルトラマン Bタイプ   エクスプラス

1_20180408101650fc0.jpg


2_20180408101649958.jpg


3_201804081016492bc.jpg


4_20180408101648562.jpg


5_201804081016481e7.jpg


6_201804081016474d5.jpg


7_20180408101700e16.jpg


8_20180408101700e11.jpg



エクスプラスさんの
大怪獣シリーズ
ウルトラマン Bタイプ 



サイズは25センチくらいです。
近年は、リアルに造型されたウルトラマン製品が
当たり前のように各メーカーから発売されているのですが、


この製品は、このサイズと素材で
これほどリアルな物は他にないくらい
とても良くできた製品です。


エクスプラスさんのこのシリーズ、
けっこう集めておりまして、
サイズ、塗装、そして造型のタッチも
すごく自分にしっくりと来るんです。



今回のウルトラマンも、
アレンジや原型師の個性は控えめにされていて、
当時のウルトラマンの撮影に使用された「着ぐるみ」を
どこまでこのサイズと素材に落とし込めるかに
とことんこだわっている商品です。


ウルトラマンは、皆さんもよく御存じのとおり
撮影に使用された着ぐるみには3種類あり、

1話から13話までがAタイプ。
口の開閉を考慮してラテックスを使用していましたが、
マスクが劣化し、シワがよるようになったので
新たにFRPで新規に作り直されることになります。


それが、14話から29話までの
このBタイプ。

口元が小さく、中世的な菩薩顔。
胸回りや肩にパッドが入って逞しくなるものの、
部分部分は細くくびれていて
エレガントというか女性的でもあります。

まさにアンドロギュノスですね。
男性でも女性でもない。

そして、シンメトリーな模様と
シンプルなテイストでまとめられたデザインは、
怪獣を混沌(カオス)とするならば
ウルトラマンはまさにコスモス(秩序)だということを
特にこのBタイプは体現しているなと思いました。


のちに、さらに完成された力強さを求めて、
着ぐるみは、また新たに作り直されました。


それが3番目にあたるCタイプですね。
口元がより大きくエッジの効いたアルカイックスマイル。
胸も肩もよりパッドの増した形状になり
より男性的なウルトラマン、だれもが記憶し
そのマスクもシリーズ化に受け継がれていく、
典型的なフェイスがそれです。


ウルトラマンのマスクは、どの形状のタイプも大好きで
どれが1番かは選べません。
それぞれに味わいがあり、エピソードごとに記憶された姿は
どれも魅力的なウルトラマンです。



でも、今回アップしたBタイプ、
エピソードとしてはいちばん長く使用された着ぐるみであり、
初代ウルトラマン好きのマニアの中では一番人気でもあるらしいです。



スーツアクターの古谷敏氏の体型と演技、
デザインの成田亨氏の組み合わせが
もっとも「美しい形」で表現されてるのがBタイプだからかもしれません。


今回のエクスプラスのBタイプは、
ほっぺたにある直線的なラインはもちろんのこと、
着ぐるみにある小さな傷やゆがみ、ウェットスーツのつなぎ目や皺まで
入れられるギリギリまで情報が入った考古学的なフィギュアです。
目の覗き穴の形状まで同じ(笑)



個人的な意見ですが、ウルトラマンは
何もしていない素立ちというか、
古谷氏の立ち姿が
一番美しいなって思いますね。


このフィギュア眺めているだけで
おかず無しでごはん3杯はいけます。
















シン・ゴジラ 「巨大不明生物上陸」

IMG_9409.jpg


IMG_9412.jpg


IMG_9413.jpg


IMG_9417.jpg


IMG_9421.jpg


IMG_9420.jpg



魂ウェブ商店限定の
S,H.MONSTERARTS シン・ゴジラ
「第2形態&第3形態セット」です。


スケールはシン・ゴジラ第4形態に
合わせたサイズになっていて
それぞれ小さい感じですが、


造型、彩色、可動とも良くできています。
知らない人が見たら、
煮干し小魚か干からびたヤモリのような雰囲気ですが、
とても劇中のものに似ていますし、
やはり、なんといっても可愛いですね。


触ってて、動かして、ポーズ付けて、
卓上のマスコットとして癒されます。


価格は2体セットではありますが、
想像より結構高価です。
どちらもいつものS,Hにしては小さいですので
本当に第2形態、第3形態が好きでないと
手が出せないアイテムかもです。




限値練  ULTRAMAN  リミッター解除Ver

フィギュアメーカーの千値練さんの限定品サイト

限値練 
http://gentinel.net/ja/

medias3.jpg


medias.jpg


medias2.jpg



4月に告知があって、やっと発売となりました
限定製品 コミック「ULTRAMAN」
リミッター解除Ver
昨日届きました。


コミック「ULTRAMAN」は、
実写の初代ウルトラマンの続編のような内容で
ハヤタの息子が、ウルトラマン型のパワードスーツを
着込んで異星人たちと戦う物語なんです。


なので、アイアンマン風のアーマーで
人間の造った、機械的な装備を纏っています。
ユーチューブでは、公式に
モーションコミックも無料配信されています。





 モーションコミック版「ULTRAMAN」 1話
https://www.youtube.com/watch?v=dp29Fle7IiE
無料





え?ハヤタの息子!?
パワードスーツ?等身大なの???って
最初は疑問に思ったり、つまらなそうって思うかもしれませんが
これがまたいろいろと凄い展開が待っていて
かなり胸熱な大人向け作品になってるんです。

いろんな部分で辻褄が合っていたり、
続編にするならこういう展開のほうが
説得力のある設定だなと。



そんなわけで、コミック「ULTRAMAN」ファンでしたので
いつかどこかのメーカーで6分の1サイズの
ULTRAMANがでると思っていました。



そしたら、
なんと30センチサイズなのに
合金製、全身可動、発光ギミック内蔵!!という決定版が
限値練さんとこで限定販売されていて・・・・


それを発見したころには、予約終了で完売。
知らなかった!・・・って感じでした。


それから何ヶ月してから、
なんとULTRAMANの限定解除Verという
全身のライトアップが赤くなったときのイメージカラーで
塗装されたバージョンが発売とのことで
これは、速攻予約したのでした。


IMG_8440.jpg


IMG_8441.jpg


IMG_8442.jpg


IMG_8449.jpg


とりあえずの感想ですが、
パーツの精度がすばらしいですね。全体的にシャキッとしていて・・・
素材のせいもありますが、フィギュアというより精密機械のようです。
全て金属ではないのですが重量感があり、触り心地もひんやりしています。

デジタルを使って原型パーツを製作していると思われますが
ここまで進化したかって感じですね。
オモチャとかフィギュアとかで片づけられないようなクオリティです。



色味は、カラータイマーや目の赤が照り返しで、
全身がローズゴールド風に見えるイメージです。


普通の自然光だと違和感のある色味ですが
背景を黒にすると、その良さが際立ちます。


発光ギミック内蔵で
劇中の雰囲気を再現できるとのこと。



さらに この製品には、主人公のマスクオフ状態の頭部と
前回のノーマル版のULTRAMANにも装着できるオプションパーツまで
同梱されておりました。
こうなるとノーマル版も欲しくなるのが人情ですね(苦笑)


medias4.jpg


ちなみにウルトラセブンも発売されていたようなのですが
これも自分が気づいたころには予約終了完売でした。
http://gentinel.net/ja/%E3%82%AB%E3%83%86%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88/12-HERO-s-MEISTER-ULTRAMAN-SUIT-Ver7-2/p/GEN-JP-008




« »

11 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
プロフィール

WOO-JOE

Author:WOO-JOE
「レノヴァティオ・ラボラトリー」

ホームページはこちら↓
http://renovatio.huuryuu.com/

ブラックホール
ブラックホール【2015年7月下旬発送予定】

ブラックホール【2015年7月下旬発送予定】
価格:8,424円(税込、送料別)

ペンタゴン
ペンタゴン【2015年7月下旬発送予定】

ペンタゴン【2015年7月下旬発送予定】
価格:8,424円(税込、送料別)

ベンキマン
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Archive RSS Login