FC2ブログ

イーミア

img_1197066_33294264_0.jpg


img_1197066_33294264_1.jpg


img_1197066_33294264_2.jpg

 ハリーハウゼンの初期の頃の傑作
 「地球へ2千万マイル」に登場したイーマ竜です。


ビリケン商会からソフビキットとして
          今から22年くらい前に発売されたガレージキットですね。


この頃は、こういったマイナー!?なモンスターを
雑誌「宇宙船」等で紹介していて、そういったキャラを立体化したり
         個人でキット化したりと、ちょっとした造形ブームが起きていたんです。


そんな中で、本格的に版権を取って発売する個人メーカーなんかも色々でてきて
いままで、おもちゃにすらならなかったようなモンスターたちが
次々に商品化されたんですよ。


しかも、かなりリアルな出来だったんです。(今はもっとリアルですが・・・)
「ウワー、欲しい!!」と思いながらも
そのプラスチックのかたまりのキットは、とても高価で おこづかいが1500だった私に
平気でそのキットたちは、1万とか2万とかしていたんです。


ところが「ビリケン商会」というメーカーは、
商品にする素材を変えることで、安価で商品化することに成功したのでした。
しかも原型師「ハマ・ハヤオ」氏のすばらしい造形をそのままソフビにして
2000円という業界に革命をもたらす商品を展開していくこととなるのでした。


忘れもしません。
雑誌「宇宙船16号」に
私の大好きなモンスター「イーマ竜」が
ビリケン商会からソフビキットとして発売!!と
          原型の試作品が掲載されたのを見たときのことを・・・。


「こんなものまで商品になるんだー。」
子供心に脳みそが、爆発したような感じでしたね、うれしすぎて。


「2000円なら買える!!」
自転車で模型店まで1時間かけてこいで行って、手に入れましたよ!!


ビニールに無造作につめられ、へッダーで閉じられただけの簡素な商品。
それでもいままで見たこともない、色も塗られていないソフトビニールのパーツと
バリが思いっきりついたままの状態。なんか大人のオモチャだなって。(あれじゃないですよ)
私が原型師にあこがれた瞬間でもありますね。


慣れないカッターでバリをとり、雑誌のモノクロ写真で色を想像しながら
着色して組み立てたときには、なんかハリーハウゼンのプロップを机に飾ってるような錯覚を感じて、
「カメラに向かってコマ撮りの解説をするハリーハウゼンの真似」を一人でしてました。
                                  (どんな子供やねん!!)


ということで、22年前に塗装した「イーマ竜」です。
実際の色味は、後で薄い青とオレンジだったと知ることになるのですが、
モノクロっぽく着色したこれを塗りなおす気になれずにこのままにしております。
「思い出」として、いじりたくないんだと思います。
スポンサーサイト



テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画    ジャンル : 映画

« »

04 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
プロフィール

WOO-JOE

Author:WOO-JOE
「レノヴァティオ・ラボラトリー」

ホームページはこちら↓
http://renovatio.huuryuu.com/

ブラックホール
ブラックホール【2015年7月下旬発送予定】

ブラックホール【2015年7月下旬発送予定】
価格:8,424円(税込、送料別)

ペンタゴン
ペンタゴン【2015年7月下旬発送予定】

ペンタゴン【2015年7月下旬発送予定】
価格:8,424円(税込、送料別)

ベンキマン
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login