カウボーイ・ビバップ劇場版

1_20100830102807.jpg


2_20100830102806.jpg


3_20100830102806.jpg


いつか入手できればいいな~って思っていたのが

               アニメ「カウボーイ・ビバップ」の劇場版DVD。



    定価7800円が2680円で中古で売ってました。


      
 このアニメ、最初から注目していたわけではなくて

     あの「マトリックス」のワシャウスキー監督が このアニメが好きで

            背景や世界観をマトリックスに取り入れたとメイキングで言っていて。


それから、真剣に このアニメを見るようになったのですが。




 どこかルパン三世を彷彿とさせますが、
 
    この主人公のスパイクは、松田優作をモデルにしているのは暗黙の了解。

           賞金稼ぎであり、ジークンドーの使い手。

              探偵物語やブルース・リーが好きな人が担当してるんでしょうね。






 探偵で思い出しましたが、映画「アニマトリックス」の「探偵」が出てくるモノクロのエピソード。

       あの話は、ワシャウスキー監督が、

            このカウボーイ・ビバップのスタッフに依頼して作らせたんですよね。



カウボーイ・ビバップのストーリーは

 賞金稼ぎの主人公と、その仲間たちが毎度 事件を解決するものの

         その手法に問題があって 修理代や訴訟、治療費で賞金が無くなるといった

                              展開のハードボイルド、ドタバタ劇。



 ルパン三世やシティーハンターみたいに3枚目になったり、おふざけがない分

              落ち着いて、その世界、そのキャラに感情移入できるとこが好きです。



そして、個人的にこのアニメシリーズを評価している一番の部分は

           「背景」なんです。その描き込み度合いがすばらしい。


 背景の情報量と、アニメのコマの多さで 

        アニメ特有の 「動いているとこを見ている快感」が得られるんですよ。


最近は、アニメは動くものとして当たり前に観ている時代ですが、

 このアニメは、動いているとこにカタルシスを感じる不思議なアングルと映像表現なんです。

                       製作側がこれを意図的にやっているとしたら凄い。



ストーリーは目新しくなく、70年代のドラマ風。

 でも、そこに近未来の舞台が設定されていることで、懐かしさと新しさが見事に融合しているんです。



今回、紹介したDVDは劇場版です。

         時間は 2時間弱ですが 結構長い。

                たっぷりその映像表現を堪能できます。



ストーリーはテロを扱ったものですが、ま~普通の事件のひとつです。

     それでも、背景やアングル、アニメの動きはさらにアップしていて

                           大画面でみると気分がいいですよ。





スポンサーサイト

« »

08 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

WOO-JOE

Author:WOO-JOE
「レノヴァティオ・ラボラトリー」

ホームページはこちら↓
http://renovatio.huuryuu.com/

ブラックホール
ブラックホール【2015年7月下旬発送予定】

ブラックホール【2015年7月下旬発送予定】
価格:8,424円(税込、送料別)

ペンタゴン
ペンタゴン【2015年7月下旬発送予定】

ペンタゴン【2015年7月下旬発送予定】
価格:8,424円(税込、送料別)

ベンキマン
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Archive RSS Login