ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女

b21bdd6e290c93fd02030423e1814d7f.jpg


「ミレニアム」というと

   ランス・ヘンリクセン主演の「超能力の刑事」のテレビドラマを思いだしますが

 この映画は違います。



スウェーデンの作家スティーグ・ラーソンの処女作にして遺作となった

大ベストセラー小説の映画化です。


原作は、著者の死後、世界中で2100万部を売り上げたミステリー巨編。


ストーリーは

40年前、スウェーデンの資産家の邸宅から忽然と姿を消した少女がいて

その少女の親族から捜索依頼を受けたジャーナリストのミカエルは、

背中にドラゴンのタトゥーを入れた天才ハッカー・リスベットの協力して、事件解明に挑む。



 といったかんじなのですが、

よくある普通のサスペンスとおもって観たのですが

最近みなくなった 王道のサスペンスって感じで、最後になるまで犯人はわからないような

持って行きかたと、主人公、そして脇役のそれぞれの状況と過去が

キャラクター性を際立たせており、ラストまですごく楽しめました。



映画をみながら主人公と一緒に推理していくスタイルの映画って

最近は絶滅したかのようになかったですよね。


今の映画の作りは、主人公の行動といっしょに、犯人の行動も顔を移さないで

同じ時間軸で描くスタイルが多くて。

そのほうが観客が感情移入しやすく、しかもわかりやすくってことなんでしょうけど・・・・。


でも、この「ミレニアム」は、 犯人の行動は一切映さず

     主人公とパートナーの目線と行動だけを頼りに 犯人探しをしていくので

              1枚の写真や、尋ね先の言葉のみが「手がかり」になるので

                   犯人にたどりつくまで、ハラハラものでした。


 ま~、犯人がわかってからは、普通のサスペンスという感じですが

         それは第1章ということで、映画はパート2、パート3と繋がるようです。





パート2、パート3が今 ちょうど10月?11月?に劇場にくるらしいので。

 同じキャストで無事 完成したとのことなので安心しました。

       (映画「羊たちの沈黙」シリーズが別キャストになって萎えた経験があるので)

            

ドイツ・スウェーデン・デンマークの共同制作映画なので

         ハリウッドの影響をあまり受けていない映画の作りがオーソドックスで

                             逆のそれが新鮮に感じました。



パート1がDVDになっていますので

             未見の方はぜひ。



日本でも、「ミレニアム」原作小説が 

         今月1番の注目小説になったらしいので タイムリーな話題作です!!


 公式サイトはこちら
   http://millennium.gaga.ne.jp/about/index.html

スポンサーサイト
テーマ : 映画    ジャンル : 映画

« »

09 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
プロフィール

WOO-JOE

Author:WOO-JOE
「レノヴァティオ・ラボラトリー」

ホームページはこちら↓
http://renovatio.huuryuu.com/

ブラックホール
ブラックホール【2015年7月下旬発送予定】

ブラックホール【2015年7月下旬発送予定】
価格:8,424円(税込、送料別)

ペンタゴン
ペンタゴン【2015年7月下旬発送予定】

ペンタゴン【2015年7月下旬発送予定】
価格:8,424円(税込、送料別)

ベンキマン
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Archive RSS Login