人生を変えた本  その1

IMG_8090.jpg


IMG_8092.jpg


IMG_8091.jpg


震災の時に 本棚から落ちて

      大切な本が 折れ曲がったり、やぶけたり 傷ついたりして

            ページを開くのも虚しくなるような状態の物がいっぱい。




 もう本棚に入れないで、段ボールにしまう作業を少しずつしていますが

             無事だった本を、手に取って懐かしんだりしています。







 1つ目は、「3D怪獣全集」

      この本で、ゴジラやウルトラマンの「ガレージキット」というジャンルに

              どっぷりとハマるきっかけになったと思っています。



それまで、「ウルトラマン」「怪獣」は子供向けといった印象を

   この本の 表紙のリアリズムと、内容の「着ぐるみ」再現キットの数々に

   考証学的な視点から楽しむ「大人の怪獣」という考え方を

提唱してくれたのでした。



現代の塗装済完成品のリアルな怪獣リボルテックシリーズなんかが

       この本が示唆していた「到達点」にあたるのかもしれないですね。







  2つ目は、もちろん「宇宙船」

       創刊号から持っていますが、欠番もあり。

  海外のSF物に強烈な興味を抱かせ、 金星竜イーマとか、メタルナミュータント、

      金星ガ二、大頭人、半魚人ギルマン等のキャラクターを

        マニアの間で、私の中でアイドルにさせた本と言っても過言ではない。




 それだけではなく、このバックナンバー14号は

  「アメリカンフィギュア」というジャンルを私がコレクションする

きっかけになった号なのです。

       このときから、ブリスターの収集が始まりました。






そして 3つ目は、「シネフェックス」 エイリアン特集号

 この本は、書店ではなく 模型店で購入しました。

        つまり、映画撮影のメイキング本だったからなんですね。



今見ても驚愕するくらい、「エイリアン」の着ぐるみ制作工程が詳細に載っています。

    本物の頭蓋骨やあばら骨を使用していたんだなとか、デザインから設定、

                      そして製作の紆余曲折や裏話 等




この1冊が、私に「クラフトマン」的思考を

         本格的に意識させた最初の本だったと記憶します。






この3冊は、幸い無事でした。

でも、折れてやぶれた本も含めて、それを最初に読んだ「インパクト」と「感動」は

          今でも変わらずに記憶しているものだなと思いましたね。


スポンサーサイト

« »

05 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

WOO-JOE

Author:WOO-JOE
「レノヴァティオ・ラボラトリー」

ホームページはこちら↓
http://renovatio.huuryuu.com/

ブラックホール
ブラックホール【2015年7月下旬発送予定】

ブラックホール【2015年7月下旬発送予定】
価格:8,424円(税込、送料別)

ペンタゴン
ペンタゴン【2015年7月下旬発送予定】

ペンタゴン【2015年7月下旬発送予定】
価格:8,424円(税込、送料別)

ベンキマン
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Archive RSS Login