FC2ブログ

ロボット刑事K

IMG_8877.jpg


IMG_8878.jpg


joecarstill.jpg


  石ノ森章太郎の「ロボット刑事K」

          愛蔵版コミックが400円で売っていたので買ってきました。



 たまたまこのコミックだけが表紙をこちらに向けて置いてあって

                 ブックエンド代わりにさせられていたんですけど・・・・・。




こちらにとっては「うぉ~、ロボット刑事じゃん!!」って感じで手に取って

                               即購入してきました。



 1990年初版の愛蔵版です。




「ロボット刑事K」は、1970年代の実写特撮番組でして

     警察署に「アンドロイド」の刑事が派遣されてくる!って話が新鮮でした。


 人が変身してそうなるってことではなく、 ロボットがジャケットと着て

                         人間社会に混ざって活躍するって設定。




はい、おわかりですね。 あの「ロボコップ」の元ネタです。

  当時ロボコップが公開されたとき、石ノ森氏は相当悔しがったと聞きます。

パクられたってこともでしょうけど、自分の作品が日本で

         諸々の制約にとらわれないで製作、表現できないかってことにでしょうね。



話が逸れましたが、ロボット刑事Kは 1970年代の特撮番組。

着ぐるみ撮影による子供向け作品として作られました。





それとタイアップで、実写番組で表現できない部分

     (ストーリーや心理描写、または放送できないような表現等)


それを原作者である石ノ森氏自身がコミックを描いて、雑誌連載して

              番組を後押しするというパターンで行われたのがこのコミックなんです。


仮面ライダーやゴレンジャーなんかも、

  実写が先で、それに描けない部分を補う形でコミカライズされるという

                いかに当時、実写特撮のほうが優先だったのか想像できます。





そんなわけで、「ロボット刑事K」のコミックは

        本当に描きたかった内容と描写、そしてシリアスな設定が展開されます。



今まで部分的にちらっとしか読んだことがなくて・・・・・。

 こうやってこの分厚い「1冊」で完結して読むことができて満足です。





 1990年発行のコミックですが

   実際には1973年に描かれた漫画なので 内容的に古いかと思いきや

         今読んでも通用するというか、古さを感じない。


 むしろ、あと何年かしたらちょうどこうなりそうかも!?なんて思えるくらい

                   「ほどよい近未来感」がリアルに感じるくらいです。



スポンサーサイト



« »

10 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
プロフィール

WOO-JOE

Author:WOO-JOE
「レノヴァティオ・ラボラトリー」

ホームページはこちら↓
http://renovatio.huuryuu.com/

ブラックホール
ブラックホール【2015年7月下旬発送予定】

ブラックホール【2015年7月下旬発送予定】
価格:8,424円(税込、送料別)

ペンタゴン
ペンタゴン【2015年7月下旬発送予定】

ペンタゴン【2015年7月下旬発送予定】
価格:8,424円(税込、送料別)

ベンキマン
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login