ヴィジュアル大全 スチームパンク

IMG_7532.jpg


IMG_7528.jpg


今回ご紹介する本は
ヴィジュアル大全 スチームパンク



スチームパンク? 何?
って方も多いと思います。


スチームパンクとは、
一応、サイエンスフィクションのサブジャンルに位置していて、
定義としましては、スチーム(蒸気機関)が動力になっている時代設定。


電力が進化した未来ではなく、産業革命時代が
そのまま電気に変わることなくスチームで進化していった未来。
ヴィクトリア朝のイギリスとか、開拓時代のアメリカをテイストにし、
そういったデザインを残したまま進化した近未来像。


スチームに
パンク(反発)が付くので

その時代設定での、
構造や体制に反発するようなテーマ、

基本的に、それを肯定した解釈ではなく
退廃的な描き方が主流です。



映画で言いますと、古いとこで「メトロポリス」
有名どこは「海底2万マイル」、「砂の惑星デューン」
「ロケッティア」や「未来世紀ブラジル」、
メジャーどこで 「ワイルドワイルドウェスト」や「ヘルボーイ」あたり。





ちなみにサイバーパンクというのもありまして・・・

サイバーパンクとは、
「サイバネティクス」が語源で、
脳神経の電子的拡張とか、コンピュータへのアクセス技術とかを指しています。
ちょっと言い回しが難しく聞こえるかもしれませんが、


人間の体と機械がの融合、
脳とコンピュータの情報処理の融合とかが進化した時代。
的な解釈とでもいいましょうか。


そういうことに「反発」しているテーマから
サイバーパンクと言われるようになったようですね。


このジャンルでは
映画「ブレードランナー」が代表作でしょう。

他に「マトリックス」「トータルリコール」「JM」、
「ストレンジデイズ」、「トロン」

「ロボコップ」や「ターミネーター」も
十分サイバーパンクしていますね。


それぞれの技術進化で発展した近未来、
その時代の中で、パンク(反社会性)を題材に
扱ったものをスチームパンク、サイバーパンクと呼ぶようになりました。





話が長くなりましたが(苦笑)
今回ご紹介する本は、


そのスチームパンクの歴史を
ヴィジュアルで紹介していく内容です。


小説の表紙、ポスター、映画のプロップや衣装、等で
かなり詳しく解説されています。


近年、スチームパンクが流行ってきていて
関連本もたくさん出版されるようになってきましたが、
映画を中心にここまで詳しく解説しているのは
この本だけです。


スチームパンクが本当に好きなら
読みごたえがあります。












スポンサーサイト

Comments


« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

WOO-JOE

Author:WOO-JOE
「レノヴァティオ・ラボラトリー」

ホームページはこちら↓
http://renovatio.huuryuu.com/

ブラックホール
ブラックホール【2015年7月下旬発送予定】

ブラックホール【2015年7月下旬発送予定】
価格:8,424円(税込、送料別)

ペンタゴン
ペンタゴン【2015年7月下旬発送予定】

ペンタゴン【2015年7月下旬発送予定】
価格:8,424円(税込、送料別)

ベンキマン
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Archive RSS Login