フランケンシュタインの怪獣  完全資料集成

IMG_0105.jpg


フランケンシュタインの怪獣
という書籍がが発売されました!!

完全資料集成となってますが
簡単にいうと写真集です。

そうです。
「フランケンシュタイン対バラゴン」と
「サンダ対ガイラ」の2つのみを特集した
写真集なんですよ。

すばらしいですね。
そんな本が発売されるなんて…・



東宝の怪獣映画で
「ゴジラ」を外した作品でどれが好き!?と
よくそれぞれの特撮好きの友人たちと
その話になる機会があるわけなんですけど(笑)

私は、「サンダ対ガイラ」と答えます。
その次に「フランケンシュタイン対バラゴン」。

巨人対巨人
そして、巨人対怪獣
多くの怪獣作品や海外監督への影響、
そして、「進撃の巨人」等、まんがやアニメ等への影響、
多くのメディアにオマージュされています。



のちの「ウルトラマン」への実験的作品だったと
いわれているフランケンシュタイン対バラゴン。

善の個体から悪の個体が分裂して
「兄弟」という図式で敵対し
人を守る巨人、人を喰う巨人という演出で
同じ似姿のものが闘う構図の「サンダ対ガイラ」



そのコンセプトもすばらしいのですが
当時の特撮としても最高の出来なのです。

ゴジラやウルトラマンよりも身長の低い設定とし、
当然そうなると、巨人に対して
ビルや山、戦車等のミニチュアはサイズを大きく作っており

その対比は、他の映画ではなかなか味わえない
シチュエーションとなっています。

不思議とそのへんの近所で起こっているような
そんな錯覚を思わせるリアルな描写です。



おっと、思わず 「フラバラ」「サンガイ」の
映画そのものについて語ってしまってました。

この本は、
当時の貴重なスチールやメイキングショットのてんこもり。
とにかく写真自体が鮮明で、サイズも大きいです。
よく、こんなショットが残っていたなって感心します。
自分にとって、初見の写真もけっこうありました。
これ以上ないくらいの充実度です。



海外では日本よりも、もっと多くの隠れファンがいると言われている
「サンダ対ガイラ」

「THE WAR OF THE GARGANTUAS」といタイトルで公開され、
「ブラウンガルガンチュア」と「グリーンガルガンチュア」が闘う
日本カルトムービーとして想像以上に評価されています。

ティム・バートンやタランティーノ等の映画監督やスタッフ、
そして、俳優ブラッド・ピットの人生を変えてしまうほどの作品なのです。



この書籍は、
フランケンシュタインシリーズのDVDを再生しながら
ページをめくってニヤニヤするためのものですね。
おススメを通り越して、ファンなら必須です。



この手の本を買うときに
レジに並びながらいつも思うんですけど・・・

グラビアのお姉さんの写真集に目もくれず
「フランケンシュタインの怪獣」の写真集をホクホクしながら買う
俺って、大丈夫かと!?









スポンサーサイト

Comments


« »

07 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

WOO-JOE

Author:WOO-JOE
「レノヴァティオ・ラボラトリー」

ホームページはこちら↓
http://renovatio.huuryuu.com/

ブラックホール
ブラックホール【2015年7月下旬発送予定】

ブラックホール【2015年7月下旬発送予定】
価格:8,424円(税込、送料別)

ペンタゴン
ペンタゴン【2015年7月下旬発送予定】

ペンタゴン【2015年7月下旬発送予定】
価格:8,424円(税込、送料別)

ベンキマン
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Archive RSS Login